桂建設

住まいができるまで|浜松市 桂建設

資金計画
資金計画

家を建てることが目的ではないはずです

人はなぜ家を建てるのでしょうか。それは、家族なかよく豊かな生活を永続的なものとするため。住んでからの暮らしが、今よりも豊なものにするためです。そのためには、住んで生活できるまでの資金と、住んだあとの税金の話まで含めた資金計画を、最初に立てる必要があります。

「坪単価」という言葉がありますが、それにはどこまでの金額が含まれているのでしょうか。工事が進むにつれて、金額がどんどん大きくなっていくのでは…。そんな不安を持つ方も多いでしょう。

桂建設では、「総資金ー建物以外にかかる費用=住宅の予算」という考えのもと、ご予算のお話をさせていただいています。自己資金を含めた総資金から、土地、融資、保険、さらには家具・家電などの費用を引いた金額を算出します。そこから住宅の予算を決め、その範囲でのプランをご提案いたします。

桂建設の考える資金計画

家を建て終わってからの資金計画も大切です。税金と住宅ローン控除のことを考え、住んでから思いがけない出費が無いようにプランニングをしていきます。住宅ローンを組んだ場合、月々のローンの支払いに大きく影響します。建てて終わりではありません。


土地の決め手

土地の弱点は、設計力で個性に。

資金計画を立ててから、土地建物の予算に合わせ、土地予算の上限を決めていきます。理想の家を建てるための、土地探しのパートナーが設計者です。狭い、変形…など、一見「弱点」に見える土地の特徴は、設計力で「個性」としてプラスに変えることが可能なのです。自分にとって100点満点の土地が目の前に現れることはなかなか難しいでしょう。わたしたちは、土地の個性を活かした設計の家づくりをご提案させていただきます。